ジャカルタの最低賃金は約3万円

現地の報道資料によると、ジャカルタ特別州の2016年の最低賃金は310万ルピア(3万円弱)となっています。これは、5年前(2011年)と比べると2.5倍以上に増えています。この間のインフレ率は最高で8.8%となったものの、概ね年率4~7%前後で推移していまし
たから、この賃金水準は非常に速い速度で上がっているといえます。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in マクロ経済から見た現状と将来像

Related Indonesia Basic Info

重要なオフィス設計や家具の選択 一般賃貸オフィスを使う場合、内装は借主が施工業者を探して行わなければなりません。天井板が入っていない
クレジットカードの普及状況 インドネシアでは依然として現金取引が主流ですが、クレジットカードの普及も速い速度で進んでいます。20
海外サービスに対する源泉税(PPH26) 非居住者への支払に対する源泉税に関する取り決めです。配当や各種サービスに対する報酬、年金及びその他の