ジャカルタでの医療ケア

ジャカルタの医療水準についてはインドネシアの中で最も進んでいるといえます。さらに、日本人在住者向けの日本語を使って診察するクリニックが複数設けられていますから、いざとなった時に頼りになります。中には年中無休24時間対応する診療所もあります。
日本人が日常かかる風邪や胃腸炎といった症状だけでなく、糖尿病や高血圧といった慢性疾患についても日本人向けクリニックで対応できます。これらの施設には、総合医(General Practice=GP、かかりつけ医とも)がおり、どんな病気であってもこの医師がまず診察します。総合医では解決できないような症状だと判断されれば、各科の専門医が対応するという手順を踏みます。
また、救急時の対応ですが、各クリニックとも協力病院を持っていますから、緊急のときでも普段かかっている医師などに連絡を取り、その後の指示を仰ぎましょう。また、ジャカルタには公共サービスとしての救急車は存在せず、各病院が車を保有しているに過ぎません。緊急時でもタクシーや社用車を使ったほうが早く病院にたどり着ける可能性もあります。

駐在者保険などを使うことになったら
病気やケガなどで駐在者保険(海外旅行傷害保険)を使う事態になったら、まず罹る予定の医療機関に、どこの保険会社の保険を持っているかを説明し、キャッシュレスでの治療が可能かどうか相談すること。また、保険会社に連絡が必要になる時に備え、加入している保険会社の日本の連絡先をあらかじめ調べておくと良いだろう。保険各社は通常、インドネシアからのカスタマーホットラインを設けている。

ジャカルタにある日系医療機関 はいずれも総合病院と提携して いる(写真はサヒッド・サヒルマ ン病院)

ジャカルタにある日系医療機関はいずれも総合病院と提携している(写真はサヒッド・サヒルマン病院)

公開された日付: 2016年07月18日
Post in インドネシアの医療事情とクリニック , 医療

Related Indonesia Basic Info

現地ゴルフ場でのさまざまなお約束 実際にジャカルタ周辺のゴルフ場でプレーする際の「お約束」は次の通りです。 ・電話での予約を忘れずに
熱帯特有の病気を怖がらない 「デング熱」に「マラリア」、「アメーバ赤痢」と、日本ではあまり馴染みがない伝染病が熱帯地域には存在し
ミーゴレン インドネシア風の焼そば。ミーは麺のこと。ちょっとお腹がすいた時などにぜひ。麺がインスタントのことも。
雇用契約書の作成 採用者を決めたら、その応募者に内定通知書を渡します。就くポジション、給与額、手当て、入社日などを明記