インドネシアの主な金融機関

インドネシアの金融機関は大きく分けて、民間銀行と政府系銀行の2つに分けられます。預金や利子の条件などは両者で大きく変わりません。
民間銀行としては、個人や中小企業取引に注力するセントラルアジア銀行(BCA)が最大手。その他、プルマタ(Permata)銀行、メイ(May)バンクインドネシア(元、BII)、CIMBニアガ、ダナモン(Danamon)銀行などがあります。
一方、政府系では、10兆円規模の総資産額を持つトップのマンディリ(Mandiri)銀行をはじめ、支店数ではトップの2000カ所を擁すインドネシア庶民銀行(BRI)、ヌガラインドネシア(BNI)銀行などがあります。
その他、日系金融機関も法人取引を中心としたリテール業務を行っています。東京三菱UFJ銀行が支店を開設しているほか、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行が現地法人を置いています。

Related Indonesia Basic Info

インドネシアの税制区分 インドネシアの国税総局が管理、徴収している国税には以下の3区分があります。 ・所得税……個人所得税
ラッシュ時の「3・イン・1」規制 ジャカルタでは、朝夕のラッシュ時に少しでも車を減らそうと3 人未満(運転手含む)しか乗っていな
日本からの投資に引き続き依存 インドネシアへの外国直接投資(FDI)は2009年以降、順調に増加で推移しています。投資先を地理的に
戸籍・国籍関係の手続き 戸籍関係の手続きとして、出生届、婚姻届、認知届、離婚届、死亡届を受理します。また、国籍関係として、国