インドネシアの主な金融機関

インドネシアの金融機関は大きく分けて、民間銀行と政府系銀行の2つに分けられます。預金や利子の条件などは両者で大きく変わりません。
民間銀行としては、個人や中小企業取引に注力するセントラルアジア銀行(BCA)が最大手。その他、プルマタ(Permata)銀行、メイ(May)バンクインドネシア(元、BII)、CIMBニアガ、ダナモン(Danamon)銀行などがあります。
一方、政府系では、10兆円規模の総資産額を持つトップのマンディリ(Mandiri)銀行をはじめ、支店数ではトップの2000カ所を擁すインドネシア庶民銀行(BRI)、ヌガラインドネシア(BNI)銀行などがあります。
その他、日系金融機関も法人取引を中心としたリテール業務を行っています。東京三菱UFJ銀行が支店を開設しているほか、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行が現地法人を置いています。

Related Indonesia Basic Info

PT. ONITSUKA MANAGEMENT CONSULTING 2001年の創業以来16年、インドネシアの発展と共に歩んできた同社。日・イ両国の会計士・税 理士資
インドネシアの税制区分 インドネシアの国税総局が管理、徴収している国税には以下の3区分があります。 ・所得税……個人所得税
典型的な「内部犯行」や「不正行為」 インドネシアでの企業運営に当たっては、外部からの侵入者による窃盗行為への予防措置 だけでなく、自社
居住者は全世界所得をインドネシアで申告 インドネシアの税務当局による「居住者」の定義は次の通りです。 ・12カ月の間に183日以上インドネ