インドネシアの主な金融機関

インドネシアの金融機関は大きく分けて、民間銀行と政府系銀行の2つに分けられます。預金や利子の条件などは両者で大きく変わりません。
民間銀行としては、個人や中小企業取引に注力するセントラルアジア銀行(BCA)が最大手。その他、プルマタ(Permata)銀行、メイ(May)バンクインドネシア(元、BII)、CIMBニアガ、ダナモン(Danamon)銀行などがあります。
一方、政府系では、10兆円規模の総資産額を持つトップのマンディリ(Mandiri)銀行をはじめ、支店数ではトップの2000カ所を擁すインドネシア庶民銀行(BRI)、ヌガラインドネシア(BNI)銀行などがあります。
その他、日系金融機関も法人取引を中心としたリテール業務を行っています。東京三菱UFJ銀行が支店を開設しているほか、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行が現地法人を置いています。

Related Indonesia Basic Info

ファイナル課税(源泉分離課税)の源泉税(PPH4 − 2) 居住法人(恒久的施設、外国企業の駐在員事務所を含む)、個人は他の居住納税者に対し、VATを除いた総支
日本人がよく利用するスーパー ジャカルタには、充実した品揃えを誇る日本食材スーパー・パパイヤ(Papaya)をはじめ、外国人や富裕
ジャカルタのホテルの設備 ホテルの標準設備はクラスによって大きく異なります。4つ星クラス以上であれば、客室、レストラン、ロビー
許可取得の手順 「一時滞在許可」「外国人就労許可」を取得する手続きは、進出形態によって異なります。 インドネシア子