荷物に入れられないもの、規制されているもの

引越荷物に入れられない物品、規制されている物があります。パッキングの際、該当の品目は梱包しないよう注意しましょう。

・荷物に入れられないもの

・貴重品(例:現金・通帳・有価証券・クレジットカード・宝石・高級時計など

・危険物(ガスボンベ・スプレー類・ライター・科学薬品など

・麻薬・向精神薬・大麻・あへん・覚せい剤・成分の分からな
い薬品など

・拳銃等の銃砲、これらの銃砲段や拳銃部品

・爆発物・火薬類・化学兵器原材料・病原体

・わいせつ雑誌・わいせつDVD・公安又は風俗を害するもの

・偽ブランド品・海賊版などの知的財産侵害物品

・規制されているもの

・猟銃・空気銃及び日本刀などの刀剣類

・ワシントン条約により輸入が制限されている動植物及びその製品(ワニ・ヘビ・リクガメ・象牙・じゃ香・サボテンなど)

・事前に検疫確認が必要な生きた動植物・肉製品(ソーセージ・ジャーキーを含む)、野菜、果物、米など

日本での輸入通関について

税関では押印済みの「携帯品・別送品申告書」と発 送前に引っ越し業者が作成する「パッキングリスト」を元に輸入通関を行う。

もし、免税範囲を超える物品があった場合は課税されるほか、持ち込み制限品や未申告品があった場合は没収や罰金もあるため注意すること。

日本の免税範囲

日本の免税 範囲(旅客1人当たり)は以下の通り。

・酒類3本(1本あたり760ccまで)

・紙巻たばこ(200本)もしくは葉巻(50本)

・香水(2オンス、オーデコロン・オードトワレは含まない)

・海外市価の合計額が20万円の範囲以内の品物(個人的使用に限る)

 

 

Related Indonesia Basic Info

プリペイドとポストペイド 一般的に携帯電話料金の支払いは、利用の度合いに応じて都度チャージしながら使う「前払い(プリペイド)」
フェリーで行くリゾート、プロウスリブ ジャカルタからフェリーで行く身近なリゾート、プロウスリブ(Pulau Seribu)。プロウスリブと
輸入時の前払所得税の源泉徴収(PPH22) 製造会社や商社が材料・物品を輸入する際に輸入関税、付加価値税(10%)と一緒に通関時に納税するもので
ジャカルタでの歯科治療 内科などのクリニックと同様、ジャカルタには日本語での対応が得られる歯科が複数あります。これは、内科・