JJS の幼稚部

JJSには、4〜5歳児向け2年保育を行う幼稚部が併設されています。1971年に創立、2006年に現在の場所に移転されました。
幼稚部は、前述のジャカルタ日本人学校維持会が設立し、運営している私立の幼稚園です。幼稚部は小中学部と異なり、日本政府からの援助はなく独立採算で運営を行っています。また通園には、小学部・中学部同様にスクールバスを利用することとなります。

日本人学校維持会への加入
「日本人学校維持会」の規則案内による「(JJS)入学の条件」は以下の通りジャカルタ日本人学校に入学するためには、学校維持会への入会が条件となっております。
1. ジャカルタ市または、その周辺に所在する日系企業、または、日系団体で、自己に所属する従業員の子女を学校に就学させようとする者は、法人寄贈者にならなければならない。
2. 所属すべき企業、または団体が法人寄贈者にならない場合、若しくは所属すべき企業、または団体がない場合において、子女を就学させようとする日本国籍者は、個人寄贈者にならなければならない。
3. 入学を希望される場合は、定められた寄付金納入と同時に義務賛助金を納入しなければならない。編入までの流れ編入までの流れは以下の通り。ステップ1~3は並行して進めることができる。
ステップ1)ジャカルタ日本人学校維持会への加入
ステップ2)オンラインで願書を登録注)登録により編入が許可されるものではない。
ステップ3)日本(または現在の滞在国)での手続き
・現在籍校での退学手続き
・教科書の受領
ステップ4)授業料支払い方法の登録
ステップ5)スクールバス申込み
ステップ6)学校事務室での手続き
※ 4、5はオンラインでの手続きとなる。

登校時間は早め、給食はなし
渋滞が厳しいため、児童・生徒は朝早くに登校、7時半からの朝の活動に備える。なお、給食はなく全員がお弁当と水筒を持参する。
早朝に家を出るため、2〜3時間目の間の休み時間に「中間食」を食べてよいことになっている。

公開された日付: 2016年07月18日
Post in ジャカルタ日本人学校への通学

Related Indonesia Basic Info

『ムラーバハ』とは インドネシアでのイスラム金融では、いくつかあるシャリア法で許された取引形態のうち「ムラーバハ」という
ジャカルタにある日本語書店 ジャカルタには紀伊國屋書店が3店舗あります。日本語の書籍・雑誌の在庫数では、そごうが入るショッピング
家賃などの支払い インドネシアの習慣で、家賃は契約期間分をまとめて支払う習慣があります。例えば1年契約だと一度にまとめ