ジャカルタで食べる日本料理

居酒屋風の日本料理店

駐在員ご用達とも言える居酒屋風の日本料理店は、ジャカルタ南部のブロックMに多数集まっているほか、主要なショッピングモールにも見つけることができます。お昼には定食を出すカジュアルなお店が、日系企業が集まるオフィスビルに入っており、日本人ビジネスマンの食生活を満たしてくれます。

インドネシアではアルコール類に課される税率が高いため、輸入に頼らざるを得ない日本酒や焼酎は割高となってしまいます。 一方、ビールは現地で生産されているので、居酒屋で焼き鳥などと共に存分に楽しむことができます。

豚肉をサービスするお店も

イスラム教徒(ムスリム)は豚肉が禁忌とされますが、ジャカルタの外国料理レストランでは豚肉を出しています。したがって、とんかつや生姜焼きなどは日本料理店の定番としてメニューに並んでいます。

豚肉を扱わない日本料理店もある

一方、地元の人々向けの日本料理レストランでは、豚肉を全く扱わないところがほとんどです。

店先に「NO PORK」と表示してあるこれらの店では、肉は鶏肉がメインで、アルコールが入った調味料が一切使えませんから、日本人が食べると「なんとなく味が薄いかな」と感じるかもしれません。ただ、こうしたお店ではムスリムの現地スタッフと共に日本食 を楽しめるわけですから、若干の味の違いには目をつぶって一緒 に出かけてみるとよいでしょう。

日本食系のファストフードも大人気

ジャカルタには意外なほど多くの日本食系ファストフードがあります。主なショッピングモールに併設されているフードコートには、牛丼屋やうどん屋を目にすることがあったり、地元資本のラーメン屋チェーンが入っていたりとなかなかバラエティに富んでいます。ムスリムの人々が食べる前提で献立が作られているため、日本にあるお店なのに見たことがないローカルメニューに出逢えたりもします。

ジャカルタ南西郊外にあるイオンモールには、大きな日本料理フードコートがあり、地元の人にも人気です。

公開された日付: 2016年07月22日
Post in ジャカルタで食べる日本料理

Related Indonesia Basic Info

ビルでのセキュリティチェック ジャカルタでは、オフィスビルやショッピングモールの出入り口で必ず検査が行われています。オフィス階に立
急成長するインドネシアの小売市場 経済成長による所得水準の上昇で、日用品や食品を中心に消費額が大きく拡大しています。日用品は、人々が美
法人税の課税対象所得 法人所得税の課税対象となる所得は以下の通りです。 ・インドネシア法人については全世界所得 ・外国
入手しやすいもの、し難いもの 食品の種類別にジャカルタでの入手の難易度についてまとめてみました。前述の「日本人がよく利用するスーパ