ジャカルタにある日本語書店

ジャカルタには紀伊國屋書店が3店舗あります。日本語の書籍・雑誌の在庫数では、そごうが入るショッピングモール・プラザスナヤン(Plaza Senayan)にあるジャカルタ店が最も充実しています。海外で買う日本語図書は高額になりがちですが、ここでは一部の週刊誌を除いて、日本価格の2倍弱と送料などを考えると比較的買い求めやすい値段が付いています。

一方、古本屋もあります。マンキツ(Mankitsu)がブロックMのパパイヤスーパー2階と、カモメビル2階(マンガ喫茶兼古本屋)にあります。

公開された日付: 2016年07月15日
Post in ジャカルタで日本語の書籍を読む , 生活

Related Indonesia Basic Info

インドネシアの国民性 [caption id="attachment_17236" align="alignleft" w
日本人がよく利用するスーパー ジャカルタには、充実した品揃えを誇る日本食材スーパー・パパイヤ(Papaya)をはじめ、外国人や富裕
自宅で使う生活雑貨や家電製品 ジャカルタの自宅で使う雑貨や家電製品についてはどうでしょうか。多くの駐在員が住むことになるアパートメ
石油の純輸入国となったインドネシア インドネシアは「豊富な資源を持つ国」です。確認埋蔵量で見れば、2014年時点で石炭は世界10位にラン