ジャカルタのタクシー

ジャカルタのタクシーは格安で、台数が多く、比較的車もきれいとあって、外国人の足として利用しやすいものといえます。初乗 りは7,500ルピア、市内の主要地域での移動なら50,000ルピア以内でほぼ行けます。一般的に日本ブランドの現地製小型車が使われています。

タクシー会社最大手は青いボディの「ブルーバード(Blue Bird)」で、同社の関連会社「プサカ(Pusaka)」と共に外国人の間では「信頼のおける会社」と認められています。ほかに、白いボディのエキスプレス(Express)、緑のボディのガムヤ(GAMYA)、黄色いボディのタクシク(TAKSIKU)、薄茶系色のトランスキャブ(TRANSCAB)などがあります。ホテルやショッピングモール、ビジネスビルの前には簡単な英語が話せる係員がいて、運転手に行き先を伝える際に手伝ってくれたりします。もちろん流しの車を捕まえて乗ることもできます。

なお、ジャカルタにはブルーバードと同じ会社が、シルバーバード(Silver Bird)というブランド名で黒色ベンツなどの高級車を 使ったサービスを行っています。市内からスカルノハッタ空港へ 均一運賃で乗せるサービスもありますから、現地事情に明るくない出張者などの利用には好適です。


 

Screen Shot 2016-06-30 at 17.01.36

 


ブルーバードの予約

※英語での対応可能。インドネシアでの携帯電話番号が必要。
http://www.bluebirdgroup. com/
電話:021-7917-1234

 

 

シルバーバードの予約電話
※英語での対応可能。インドネシアでの携帯電話番号が必要。
電話:021-798-1234

高速道路代は別途支払い
ジャカルタ市内〜空港間、ジャカルタ〜ブカシ、チカラン間などの 高速道路代はその都度運転手に支払うこと。なお余程遠くへ行かない限り、ジャカルタへの帰り分の運賃、高速道路代を追加請求されることはない。

公開された日付: 2016年06月30日
Post in ジャカルタ市内で利用できる交通手段 , 交通

Related Indonesia Basic Info

ジャカルタにある日本語書店 ジャカルタには紀伊國屋書店が3店舗あります。日本語の書籍・雑誌の在庫数では、そごうが入るショッピング
石油の純輸入国となったインドネシア インドネシアは「豊富な資源を持つ国」です。確認埋蔵量で見れば、2014年時点で石炭は世界10位にラン
個人所得税の源泉徴収(PPH21) 「インドネシアにおける個人所得税(105ページ)」で述べたように、雇用主は従業員に支給する給与から所
雇用契約書の作成 採用者を決めたら、その応募者に内定通知書を渡します。就くポジション、給与額、手当て、入社日などを明記