日本からの投資に引き続き依存

インドネシアへの外国直接投資(FDI)は2009年以降、順調に増加で推移しています。投資先を地理的に見ると、FDI全体の半分以上がジャワ島にもたらされています。一方、業種別では資源系の鉱業が13.7%と最も多く、ついで運輸・倉庫・通信が11.2%、金属・機械・電機の10.6%、となっています(投資調整庁・BKPM、2015年統計)
FDIの投資元の国がどこなのか、という統計を見てみますと、2011年以降日本とシンガポールがそれぞれ1位、2位を占めています。ただ、シンガポールについては「インドネシア人(おそらく華人系)からの資本がシンガポールを回流して国内にもたらされたもの」と見る向きが多いですから、事実上のFDI投資額のトップは一貫して日本であった、と考えることもできます。2015年はマレーシアに抜かれ、第3位となりましたが、日本の投資金額は増加しています。つまり、日系企業はインドネシアで高いプレゼンスを持っている、と意識して良いのではないでしょうか。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in マクロ経済から見た現状と将来像

Related Indonesia Basic Info

ジャカルタのタクシー ジャカルタのタクシーは格安で、台数が多く、比較的車もきれいとあって、外国人の足として利用しやすい
VAT 課税事業者としての登録 インドネシアには、日本の消費税に当たる付加価値税(VAT)があります。VATは国内で、課税対象の物品
インドネシア国内へのパッケージツアー インドネシアの国土は東西5000キロ強と米国よりも幅が広く、国内にはさまざまな見所があります。 ジ
工業団地に滞在するメリット もっとも大きなメリットは「渋滞が激しいジャカルタから逃れられる」ことでしょう。ジャカルタ市内はもとよ