日本からの投資に引き続き依存

インドネシアへの外国直接投資(FDI)は2009年以降、順調に増加で推移しています。投資先を地理的に見ると、FDI全体の半分以上がジャワ島にもたらされています。一方、業種別では資源系の鉱業が13.7%と最も多く、ついで運輸・倉庫・通信が11.2%、金属・機械・電機の10.6%、となっています(投資調整庁・BKPM、2015年統計)
FDIの投資元の国がどこなのか、という統計を見てみますと、2011年以降日本とシンガポールがそれぞれ1位、2位を占めています。ただ、シンガポールについては「インドネシア人(おそらく華人系)からの資本がシンガポールを回流して国内にもたらされたもの」と見る向きが多いですから、事実上のFDI投資額のトップは一貫して日本であった、と考えることもできます。2015年はマレーシアに抜かれ、第3位となりましたが、日本の投資金額は増加しています。つまり、日系企業はインドネシアで高いプレゼンスを持っている、と意識して良いのではないでしょうか。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in マクロ経済から見た現状と将来像

Related Indonesia Basic Info

Amazonの越境通販を利用する 日本のAmazonでは、海外向け発送を請け負っています。送料は1冊目がやや高めですが、同梱送付の場合
インドネシアの税制区分 インドネシアの国税総局が管理、徴収している国税には以下の3区分があります。 ・所得税……個人所得税
ジャワ島を走る長距離列車 インドネシアの中でジャワ島にのみ長距離鉄道網が敷かれています。飛行機の旅でなく、あえて汽車
PT. WALK BRAINS INDONESIA 2011年より新規進出企業様のIT環境構築(ネットワーク構築 日本とのVPN接続設定堅牢なセキュリテ