日本からの投資に引き続き依存

インドネシアへの外国直接投資(FDI)は2009年以降、順調に増加で推移しています。投資先を地理的に見ると、FDI全体の半分以上がジャワ島にもたらされています。一方、業種別では資源系の鉱業が13.7%と最も多く、ついで運輸・倉庫・通信が11.2%、金属・機械・電機の10.6%、となっています(投資調整庁・BKPM、2015年統計)
FDIの投資元の国がどこなのか、という統計を見てみますと、2011年以降日本とシンガポールがそれぞれ1位、2位を占めています。ただ、シンガポールについては「インドネシア人(おそらく華人系)からの資本がシンガポールを回流して国内にもたらされたもの」と見る向きが多いですから、事実上のFDI投資額のトップは一貫して日本であった、と考えることもできます。2015年はマレーシアに抜かれ、第3位となりましたが、日本の投資金額は増加しています。つまり、日系企業はインドネシアで高いプレゼンスを持っている、と意識して良いのではないでしょうか。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in マクロ経済から見た現状と将来像

Related Indonesia Basic Info

サテアヤム/サテカンビン インドネシア版焼鳥。甘いピーナッツと辛いサンバルを好みで使う。 [caption id="at
10 万ドル超のルピアでの外貨購入で許可される取引 1カ月間に1顧客あたり10万ドル相当を超えるルピアによる外貨購入は欄外のような取引に限ると定められて
インドネシアの上水道 インドネシアの上水道の整備は依然として遅れています。2009年の資料によると都市部での上水道普及率は
宗教信仰に配慮する インドネシア国民のおよそ9割はイスラム教徒(ムスリム)です。個人それぞれ違いがあるといえ、宗教信仰に