日本からの投資に引き続き依存

インドネシアへの外国直接投資(FDI)は2009年以降、順調に増加で推移しています。投資先を地理的に見ると、FDI全体の半分以上がジャワ島にもたらされています。一方、業種別では資源系の鉱業が13.7%と最も多く、ついで運輸・倉庫・通信が11.2%、金属・機械・電機の10.6%、となっています(投資調整庁・BKPM、2015年統計)
FDIの投資元の国がどこなのか、という統計を見てみますと、2011年以降日本とシンガポールがそれぞれ1位、2位を占めています。ただ、シンガポールについては「インドネシア人(おそらく華人系)からの資本がシンガポールを回流して国内にもたらされたもの」と見る向きが多いですから、事実上のFDI投資額のトップは一貫して日本であった、と考えることもできます。2015年はマレーシアに抜かれ、第3位となりましたが、日本の投資金額は増加しています。つまり、日系企業はインドネシアで高いプレゼンスを持っている、と意識して良いのではないでしょうか。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in マクロ経済から見た現状と将来像

Related Indonesia Basic Info

JJS の幼稚部 JJSには、4〜5歳児向け2年保育を行う幼稚部が併設されています。1971年に創立、2006年に現在
WEB マーケティングに適した国・インドネシア インドネシアはいま、インターネットユーザー数が急拡大しています。インターネット普及率は2013年に3
インドネシアと日本との関係 インドネシアと日本とは歴史的に長い関係を持ち、これまでに親密な関係を築いています。現在、両 国 間
インドネシアの金融業界の現状 ASEAN共同体の発足が決まったものの、シンガポールやマレーシア、タイと比べて、インドネシアの金融業