日本からの投資に引き続き依存

インドネシアへの外国直接投資(FDI)は2009年以降、順調に増加で推移しています。投資先を地理的に見ると、FDI全体の半分以上がジャワ島にもたらされています。一方、業種別では資源系の鉱業が13.7%と最も多く、ついで運輸・倉庫・通信が11.2%、金属・機械・電機の10.6%、となっています(投資調整庁・BKPM、2015年統計)
FDIの投資元の国がどこなのか、という統計を見てみますと、2011年以降日本とシンガポールがそれぞれ1位、2位を占めています。ただ、シンガポールについては「インドネシア人(おそらく華人系)からの資本がシンガポールを回流して国内にもたらされたもの」と見る向きが多いですから、事実上のFDI投資額のトップは一貫して日本であった、と考えることもできます。2015年はマレーシアに抜かれ、第3位となりましたが、日本の投資金額は増加しています。つまり、日系企業はインドネシアで高いプレゼンスを持っている、と意識して良いのではないでしょうか。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in マクロ経済から見た現状と将来像

Related Indonesia Basic Info

ファイナル課税(源泉分離課税)の源泉税(PPH4 − 2) 居住法人(恒久的施設、外国企業の駐在員事務所を含む)、個人は他の居住納税者に対し、VATを除いた総支
法人税の税率 一律25%の単一税率ですが、幾つかの例外があります。 ・前年度の総売上高が48億ルピア以下の特定企
日本人の児童・生徒のインター校通学 インターナショナルスクールは当然のことながら英語を使って授業が進められます。一般的な日本人の児童・生
PT. DAIDO SP INDONESIA ダイドー エスピー インドネシア [caption id="attachment_17245" align="alignleft" w