インドネシアの金融業界の現状

ASEAN共同体の発足が決まったものの、シンガポールやマレーシア、タイと比べて、インドネシアの金融業界は依然として立ち遅れていると言わざるを得ません。現状をざっと分析してみましょう。
まず、銀行に口座を持っていない国民は半数前後に達しているほか、銀行からの融資を受けられない中小・零細企業が多数存在しています。それに加え、1997年に起きたアジ
ア通貨危機の後に着手した「銀行再編」が成果を上げておらず、その結果、非効率的で規模の小さい金融機関が依然としてたくさんあります。
銀行が資金を融資するためには、調達手段を確保しなければなりませんが、現状では国
内にいる機関投資家の規模が小さいため、これが債券市場を整備できない大きな原因となっています。
さらに、金融システムの信頼性を確保するに足りる「法規制や枠組み」が十分に整備されていないことも大きな問題でしょう。
インドネシアは世界最大のイスラム教徒(ムスリム)を抱える国ですが、イスラム法(シャリア)に則った「イスラム金融(次項に詳述)」への本格的な取り組みが始まったのはアジア通貨危機の後と未熟です。今後のさらなる発展を望みたいものです。

東ジャカルタ工業団地(EJIP)内にある 三菱東京UFJ銀行ブカシ出張所

東ジャカルタ工業団地(EJIP)内にある
三菱東京UFJ銀行ブカシ出張所

銀行で取扱っている現金
たいていの金融機関で現地通貨のインドネシアルピア、米ドルの現金を取扱っている。日本円は日系金融機関以外では取扱っている場所は少ない。

Related Indonesia Basic Info

インドネシアの携帯電話事情 インドネシアの人口は2億5000万人ですが、携帯電話の登録ユーザー数は3億人を超えています。これは、
ジャカルタの家賃相場 ジャカルタの在住日本人が居住している家賃の相場を見てみます。 月家賃の支出額は、単身者で100
JJS での学習内容 学習内容は日本の小中学校と同じ教科のほか、「総合的な学習の時間(AI)」や「英会話の時間」があります