常に求められる日本人の人材

日本人の人材は、製造業を中心に常に求められており、「売り手市場」と言って良いくらいの状況となっています。ところが求人枠がある割に、残念ながら以前から若い日本人を多く受け入れているシンガポールや香港、バンコクなどに比べると、ジャカルタに対するアジアで職を探す人からの注目度が今ひとつ低いのが現状です。
他のアジアの国では、現地採用の日本人の給与は同じような職種の現地人同僚と同レベルの金額しかもらえないこともままあります。ところが、インドネシアでは「日本人には高く払う」という企業も多いようです。これは仕事や勤務先に対する意識の高さ、仕事の処理スピード、カスタマーサービスでの人当たりの良さなど、いわば「日本人の特性」に対する評価が高いためとみられます。
日本料理が手軽に食べられ、物価も比較的安く、場所を選べば職住接近の暮らしも可能なジャカルタへの求職者の増加を期待したいものです。

Related Indonesia Basic Info

製造拠点としての魅力と問題点 インドネシアで生産年齢人口が増えるということは、廉価な労働力が次々と生まれることを意味します。労働集
ジャカルタ近郊に進出する日本企業の動向 ジャカルタ東郊外にある日系の工業団地が運営を開始したのは1990年代にさかのぼります。1994 年か
インドネシアの税制区分 インドネシアの国税総局が管理、徴収している国税には以下の3区分があります。 ・所得税……個人所得税
外国投資への規制「ネガティブ・リスト」 ネガティブ・リストには、外国投資に対して規制されている事業分野について記載されています。外資がインド