自宅で使う生活雑貨や家電製品

ジャカルタの自宅で使う雑貨や家電製品についてはどうでしょうか。多くの駐在員が住むことになるアパートメントには家具のほか台所周りの最低限の物品は用意されていますが、洗剤や衛生用品などの消耗品は現地で買い揃えなければなりません。

これら消耗品は、前述の外国人がよく利用するスーパーあるいは薬局チェーンに行くと、国産もしくはASEAN諸国で生産された商品が並んでいて、割安な値段で手に入ります。また、日本の代表的な100円ショップチェーンのDAISOが主要モールに出店しています。単価は円換算すると200円を超えますが、普段使っているものがジャカルタでも手に入るのは心強いことです。

化粧品の類いは一般的に日本から持参する方が良いでしょう。しかし、輸入規制が厳しいため一度に大量に持ち込むのは避けるべきです。一方、家電製品は日本と電圧が違うため、改めて買い足すか変圧器を付けて使用しなければなりません。ジャカルタではベスト電気が主なショッピングモールに出店しています。日本式の店舗でじっくり品選びできます。

現地で展開するマンダム

男性 用化 粧品に関しては、マンダムがインドネシアで展開している。現地工場で作った商品があるので、好みに合わせて購入してみたい。

マンダム社のワックス

マンダム社のワックス

日本でおなじみDAISO

日本でおなじみDAISO

Related Indonesia Basic Info

VAT 課税事業者としての登録 インドネシアには、日本の消費税に当たる付加価値税(VAT)があります。VATは国内で、課税対象の物品
インドネシアの金融業界の現状 ASEAN共同体の発足が決まったものの、シンガポールやマレーシア、タイと比べて、インドネシアの金融業
ブブールアヤム 鶏のスープで炊いたやさしい味のお粥。揚げたたまねぎを載せたり、特製の醤油をかけて食べる。朝食にもおす
政策に一貫性がない外国人就労規定 インドネシアでの外国人就労に関する規定をめぐり、政府の方針が二転三転したり、ルールは決まったものの実