ジャカルタ日本人学校の沿革

1969年5月に開校したジャカルタ日本人学校(JJS)は、ジャカルタ南西郊外のタンゲラン(Tangerang)州ビンタロ(Bintaro)にあります。小学部・中学部があるほか、幼稚部も併
設されています。
校舎は1996年3月まで、ジャカルタ市内のパサールミング(Pasar Minggu)にありましたが、校舎の老朽化および児童・生徒数が増加したことから、同年4月現在地に移転しました。
敷地面積は8万平方メートル弱。校舎は3階建て3棟から成り、小学部・中学部それぞれの運動場、体育館、プール、コンピューター室があります。また全教室はもとより特別教室、中学
部体育館に冷房が完備されています。また校舎の中庭は、小学部・中学部ともに、ガラス屋根の天窓がついたアトリウム(吹き抜け)になっており、降雨の際でも集会などができるようになっています。

公開された日付: 2016年07月18日
Post in ジャカルタ日本人学校への通学

Related Indonesia Basic Info

エスチャンプル インドネシア版かき氷。季節の果物やゼリー、タピオカなどがたくさん入っている。シロップ、練乳がかかって
インドネシア国民は9割がイスラム教徒 インドネシアは国民の約9割がイスラム教徒で、世界最大のムスリム人口を誇るとされています。
メイドの一般的な業務内容 インドネシア語でメイドのことをプンバントゥ(Pembantu)といいます。 一般的にメイドは仕事の
自動車・二輪車の需要はほぼ一巡 次に、自動車(四輪車)と二輪車のインドネシアにおける販売状況について見てみましょう。自動車は2009