ジャカルタ日本人学校の沿革

1969年5月に開校したジャカルタ日本人学校(JJS)は、ジャカルタ南西郊外のタンゲラン(Tangerang)州ビンタロ(Bintaro)にあります。小学部・中学部があるほか、幼稚部も併
設されています。
校舎は1996年3月まで、ジャカルタ市内のパサールミング(Pasar Minggu)にありましたが、校舎の老朽化および児童・生徒数が増加したことから、同年4月現在地に移転しました。
敷地面積は8万平方メートル弱。校舎は3階建て3棟から成り、小学部・中学部それぞれの運動場、体育館、プール、コンピューター室があります。また全教室はもとより特別教室、中学
部体育館に冷房が完備されています。また校舎の中庭は、小学部・中学部ともに、ガラス屋根の天窓がついたアトリウム(吹き抜け)になっており、降雨の際でも集会などができるようになっています。

公開された日付: 2016年07月18日
Post in ジャカルタ日本人学校への通学

Related Indonesia Basic Info

人口ボーナス期があと15 年続く インドネシアは、総人口に占める生産年齢人口比率が上昇する期間である「人口ボーナス期」が2030年まで
日本人がよく利用するスーパー ジャカルタには、充実した品揃えを誇る日本食材スーパー・パパイヤ(Papaya)をはじめ、外国人や富裕
クレジットカードの普及状況 インドネシアでは依然として現金取引が主流ですが、クレジットカードの普及も速い速度で進んでいます。20
ソトアヤム ソトがスープ、アヤムが鶏。さまざまな香辛料が使われた定番のチキンスープ。春雨、卵などが入ることも。