ムスリムの食事「ハラールフード」

近年、日本にもインドネシアをはじめ、マレーシアやシンガポールなど東南アジアのムスリムが多数、観光客として訪れています。 もともと日本には「ムスリムの人々向けの食事の準備」ができる施 設が限られており、「集客したくてもできなくて困っている」といった話題を聞いたことがある人も多いでしょう。

インドネシアはイスラム教徒(ムスリム)が9割を占めます。イスラム法の教えで「許されている」という意味のアラビア語が「ハ ラール(Halal)」です。逆に教義に乗っ取っていないコトやモノを「ハラーム」と言い、禁忌とされます。なお、「ハラール」「ハラーム」とは特に食物だけを指す概念ではありません。

ムスリムの人々はイスラム法の教義に沿った形で処理された食物を食べる習慣があります。この食物を「ハラールフード」といい ます。コーランの下では豚肉を食べることは禁じられていますが、そのほかの肉でも屠殺が正しい手順に従ったものでなければ「ハラーム」となり、食べることができません。このため、単純に材料表示だけを見て判断することが出来ませんから、正しい作法で処理されたどうかを示す「ハラール」の表示が必要となるわけです。

ところがインドネシアの人々は(個人差があるとはいえ)「 ハ ラールフード」に対するこだわりがそれほど深刻とは言えないのが現状です。ジャカルタ市内にあるレストラン・食堂などを見ると、一部の国外から来たチェーン店の店頭などには「ハラール認証」のマークが掲げられているものの、他のお店ではそんなマークを見ることはまれです。日本料理や中国料理レストランによっては、豚肉を使っていないことを示す「NO PORK」という表示が掲げてあり、教義を守るムスリムの人々の来店を促しています。

一方、豚肉を普通に調理して出している外国料理レストランも多く、地元の人々と外国人がそれぞれ食べられるものを注文する といった光景も見かけます。中には敬虔なイスラム教徒もおり、「豚肉を扱っているレストランには絶対に行かない」「豚肉を食べる人とは食事をしない」という人もいるので、注意が必要です。

Screen Shot 2016-06-30 at 16.28.32

 

商品に表示された「ハラール」 マーク

 

 

 

Screen Shot 2016-06-30 at 16.28.38

 

 

インドネシアの地ビール「ビンタ ン」

 

 

 

Screen Shot 2016-06-30 at 16.28.44

 

 

 

豚肉を使っていないことをアピー ルする女性店員

公開された日付: 2016年06月30日
Post in 基礎情報 , インドネシアとはどんな国なのか

Related Indonesia Basic Info

ジャカルタの家賃相場 ジャカルタの在住日本人が居住している家賃の相場を見てみます。 月家賃の支出額は、単身者で100
ジャカルタで食べる日本料理 居酒屋風の日本料理店 駐在員ご用達とも言
常に求められる日本人の人材 日本人の人材は、製造業を中心に常に求められており、「売り手市場」と言って良いくらいの状況となっていま
許可取得の手順 「一時滞在許可」「外国人就労許可」を取得する手続きは、進出形態によって異なります。 インドネシア子