ルピアによる外貨購入規制

インドネシア中銀は2008年12月、ルピアによる外貨購入に制限を加えました。
具体的には、個人、銀行以外の法人、あるいは外国人の個人、外国法人、海外支店が国内銀行にてルピアを使って1カ月間に1顧客当たり10万ドル相当を超える外貨を購入する場合には、それが必要であることを証明する書類の提出が義務付けられます。また、その証明に関する「真偽性」を問う誓約書に署名も必要なほか、顧客の身分証明書類と納税者番号(NPWP)のコピーの提出も求められます。なお、1カ月間に1顧客当たり10万ドル以内なら書類は不要です。

Related Indonesia Basic Info

オーダーメイドのお土産 ジャカルタにはお土産にもなる雑貨などをオーダーメイドしてくれる「おじさん」や「おばさん」がいます。長
ネガティブ・リストの改定 2016年2月、政府からネガティブ・リストを改定する旨が発表されました(詳細は後日発表予定)。 地
現地法人設立のフロー 現地法人を立ち上げ、事業に取り組むまでに必要な手続きは概ね次の通りです。 1.投資内容について承認
源泉税の項目 インドネシアの経理担当者や会計事務所など帳簿や決算を扱う人々の間では、インドネシア所得税法の条文番号