ルピアによる外貨購入規制

インドネシア中銀は2008年12月、ルピアによる外貨購入に制限を加えました。
具体的には、個人、銀行以外の法人、あるいは外国人の個人、外国法人、海外支店が国内銀行にてルピアを使って1カ月間に1顧客当たり10万ドル相当を超える外貨を購入する場合には、それが必要であることを証明する書類の提出が義務付けられます。また、その証明に関する「真偽性」を問う誓約書に署名も必要なほか、顧客の身分証明書類と納税者番号(NPWP)のコピーの提出も求められます。なお、1カ月間に1顧客当たり10万ドル以内なら書類は不要です。

Related Indonesia Basic Info

旅行代理店が扱っている商品 ひとことで旅行代理店といっても、さまざまな形態の商品を手配、販売しています。 大きく分けると「国内
ローカルマーケットでの買い物 ジャカルタ市内には昔ながらのローカルマーケットがいくつか残っています。生地や民芸品などを手に入れたり
政策に一貫性がない外国人就労規定 インドネシアでの外国人就労に関する規定をめぐり、政府の方針が二転三転したり、ルールは決まったものの実
何でも自分スタイルで選べるバリ島で、どんな場所に泊まりたい? バリ島にはホテル、ヴィラ、ロスメンといったさまざまなタイプの宿泊スタイルがあります。予算や気分に合わ