ルピアによる外貨購入規制

インドネシア中銀は2008年12月、ルピアによる外貨購入に制限を加えました。
具体的には、個人、銀行以外の法人、あるいは外国人の個人、外国法人、海外支店が国内銀行にてルピアを使って1カ月間に1顧客当たり10万ドル相当を超える外貨を購入する場合には、それが必要であることを証明する書類の提出が義務付けられます。また、その証明に関する「真偽性」を問う誓約書に署名も必要なほか、顧客の身分証明書類と納税者番号(NPWP)のコピーの提出も求められます。なお、1カ月間に1顧客当たり10万ドル以内なら書類は不要です。

Related Indonesia Basic Info

所得税の源泉徴収と予定納税 給与や報酬に対しては、源泉徴収制度があり、所属する事業所が給与から相当額を源泉徴収して納税する仕組み
WEB マーケティングに適した国・インドネシア インドネシアはいま、インターネットユーザー数が急拡大しています。インターネット普及率は2013年に3
JJS での学習内容 学習内容は日本の小中学校と同じ教科のほか、「総合的な学習の時間(AI)」や「英会話の時間」があります
三輪タクシー・バジャイ 「バジャイ(Bajaj)」は東南アジア各国でよく使われている三 輪タクシ