ルピアによる外貨購入規制

インドネシア中銀は2008年12月、ルピアによる外貨購入に制限を加えました。
具体的には、個人、銀行以外の法人、あるいは外国人の個人、外国法人、海外支店が国内銀行にてルピアを使って1カ月間に1顧客当たり10万ドル相当を超える外貨を購入する場合には、それが必要であることを証明する書類の提出が義務付けられます。また、その証明に関する「真偽性」を問う誓約書に署名も必要なほか、顧客の身分証明書類と納税者番号(NPWP)のコピーの提出も求められます。なお、1カ月間に1顧客当たり10万ドル以内なら書類は不要です。

Related Indonesia Basic Info

ジャカルタ周辺にあるゴルフコース ジャカルタの近郊にはゴルフ場が35カ所あります(2016年2月現在)。これらのコースへは、ジャカルタ
日本との通信設定をどうするか インターネットの普及に伴い、海外拠点間の会議がネット電話で行われる企業も増えています。前述のように、
法人税の予定納税と源泉徴収 税務当局の規定では「前年度の所得税総額から源泉徴収済の納税分を差し引いた金額の12分の1を毎月予定納
急成長するインドネシアの小売市場 経済成長による所得水準の上昇で、日用品や食品を中心に消費額が大きく拡大しています。日用品は、人々が美