工業団地で暮らすための施設

日系製造業の拠点はジャカルタ東郊外の工業団地に集中しています。それぞれの団地内には、日本人をはじめとする外国人長期滞在者や短期出張者の利用を念頭にしたサービスアパートメントやホテルなど宿泊施設のほか、日本料理などのレストラン、スーパーやコンビニ、旅行代理店、銀行などが設けられています。日本語が通じるクリニックがある工業団地もあります。

宿泊施設の設備水準

それぞれの工業団地に設けられている宿泊施設は、各部屋に簡単なキッチンが取り付けられたサービスアパートメントが主流となっています。部屋の広さは標準的なホテルのツインルームより大きめで、スイートルーム級の広いユニットもあります。バスタブのない部屋が多い施設も見かけますが、日本人向けに作られたアパートメントには大浴場が併設されているところもあります。

その他の付帯施設はアパートメントによって異なります。プールやフィットネスセンターなどトレーニング設備が充実している、日本料理レストランやスーパー・コンビニが館内にあるといったように、より利用客の利便性を高めている施設もあります。

工業団地で暮らすための施設2

工業団地内の日系法人が運営しているアパートメント。プールや大浴場があり、余暇ものんびり過ごせそうだ。(AXIAサウスチカランにて)

工業団地で暮らすための施設 1

公開された日付: 2016年07月01日
Post in ジャカルタで泊まるホテル事情

Related Indonesia Basic Info

ルピア口座のカードを海外で使う インドネシアの銀行で発行されているデビットカードやクレジットカードは外国で使うこともできます。各国に
ラッシュ時の「3・イン・1」規制 ジャカルタでは、朝夕のラッシュ時に少しでも車を減らそうと3 人未満(運転手含む)しか乗っていな
日本側通関から搬入までの流れと必要書類 引越荷物が日本に着いたら、輸入通関を行います。引越荷物の通関に備え、日本帰国時に「携帯品・別送品申告
ナシチャンプル インドネシアの代表料理。チャンプルとは「混ぜる」という意味。ご飯といろいろなおかずを一皿で味わうこと