資産の減価償却

減価償却については有形資産、無形資産共に品目ごとの耐用年数表(定額法または定率法で定められている)があり、それに基づいて算出します。

恒久的施設(PE)とは
OECDによると、「恒久的施設」の定義とは「事業を行う一定の場所であって、企業がその事業の全部または一部を行っている場所」を指す。
インドネシア所得税法2条5項により定められたPEは次の通り。
a.経営管理事務所
b.支店
c.駐在員事務所
d.事務所ビル
e.工場
f.修理工場
g.倉庫
h.販売・促進のための場所
i.天然資源の採掘
j.石油又は天然ガスの採掘作業地域
k.漁業、畜産業、農業、農園業、林業
l .建設プロジェクト、装置プロジェクト、組立プロジェクト
m.12カ月の間に60日間以上わたって、社員又は他の人によって行われた形式のいかんに関わり
ない各種サービスの提供。
n.拘束された形で、個人又は団体によって行われる代理店業務
o.インドネシアにおいて保険料を受け取り、保険リスクを負うインドネシア国外で設立され、国外に所在する保険会社の代理店或いは保険会社社員。
p.インターネットで事業活動を行うためエレクトロニクス取引の運営者が保有、賃貸されるもしくは利用されるコンピュータ、その代理店、もしくは自動機器
※上記の国内法を原則として、各国との間に別途租税条約上の定義がある場合は租税条約に沿う。
(日本とインドネシアとの間には「日イ租税条約第五条」にてPEに関する定義がある)

Related Indonesia Basic Info

源泉税の項目 インドネシアの経理担当者や会計事務所など帳簿や決算を扱う人々の間では、インドネシア所得税法の条文番号
ラッシュ時の「3・イン・1」規制 ジャカルタでは、朝夕のラッシュ時に少しでも車を減らそうと3 人未満(運転手含む)しか乗っていな
急成長するインドネシアの小売市場 経済成長による所得水準の上昇で、日用品や食品を中心に消費額が大きく拡大しています。日用品は、人々が美
日本人がよく利用するスーパー ジャカルタには、充実した品揃えを誇る日本食材スーパー・パパイヤ(Papaya)をはじめ、外国人や富裕