ジャカルタでの歯科治療

内科などのクリニックと同様、ジャカルタには日本語での対応が得られる歯科が複数あります。これは、内科・外科疾病と違い、海外旅行傷害保険や駐在者保険でのカバーは基本的にできず、すべて自己負担となります。
歯科治療は、緊急的に行うものから、抜歯、補綴物(入れ歯やブリッジ)の装着、矯正、そしてインプラント治療などさまざまな分野があります。なかなか外国語で歯科治療を受けるのは難しいことですから、まずは日本人スタッフがいる歯科などに相談しましょう。その上で、現地での治療を進めるのか、一時帰国時や本帰国後に改めて治療するのかなどのコンサルテーションを受けてはいかがでしょうか。

市販薬のリスト
市販薬のリストを3 3 2 〜3 3 3ページに掲載している。

デングショックとデング出血熱
ジャカルタ市内の医師によると「文献にはあるが実際の臨床で
は経験したことがない」という。
国保・健保による治療費の補填
海外在住中も引き続き日本の「健康保険証」を持っている人で、被保険者(本人)または被扶養者(家族)が海外の医療機関で治療や投薬を受けた場合、医療費の一部について補填を受けることができる。請求先は、各自治体の国民健康保険窓口または所属会社の健康保険組合となる。
ただし、補填額は日本で同等の治療をした場合の自己負担分を差し引いた金額となり、必ずしも海外で出費した金額に基づく計算にはならない。

公開された日付: 2016年07月18日
Post in インドネシアの医療事情とクリニック , 医療

Related Indonesia Basic Info

JCB のサービスや特典を利用する 前述のように、インドネシアではクレジットカード利用者向けのさまざまなプロモーションが行われています。
現地法人設立のフロー 現地法人を立ち上げ、事業に取り組むまでに必要な手続きは概ね次の通りです。 1.投資内容について承認
所得税の源泉徴収と予定納税 給与や報酬に対しては、源泉徴収制度があり、所属する事業所が給与から相当額を源泉徴収して納税する仕組み
JJS での学習内容 学習内容は日本の小中学校と同じ教科のほか、「総合的な学習の時間(AI)」や「英会話の時間」があります