クレジットカードの普及状況

インドネシアでは依然として現金取引が主流ですが、クレジットカードの普及も速い速度で進んでいます。2015年末の推定発行枚数は約1600万枚ですが、この国の人口からみれば、将来的には数億枚規模に拡大するポテンシャルがあると考えられています。

インドネシアでクレジットカードの普及が進んだのは、利用者に対する活発な割引プロモーションが後押ししているためです。ショッピングモールに行くと「○○カードで支払えば20%割引」と看板を掲げているお店をよく見かけます。50%割引や70%割引という極端なキャンペーンもあります。これほど大胆なディスカウントに踏み切れるのはクレジットカード利用者に対する上限金利が年利36%と大きいためです。このプロモーションは通常、VISAやMasterCardといったクレジットカード会社が主導ではなく、クレジットカードの発行銀行が行っています。ただ、インドネシアで積極的に展開しているJCBは自らがプロモーションを実施しており、現地発行のJCBカード保持者はもちろん、日本発行のJCBカード保持者でも同様の割引特典が得られるようになっており、最も利得性の高いブランドだと言えます。

クレジットカードの普及状況

「カード利用者には20%割引」と掲げられた看板

公開された日付: 2016年07月01日
Post in インドネシアでのクレジットカードの取得 , 生活

Related Indonesia Basic Info

東西線の準備も進行中 一方、ジャカルタを横断する東西線の建設着手に向けた準備も進んでいます。2014年12月には、第1フェ
10 万ドル超のルピアでの外貨購入で許可される取引 1カ月間に1顧客あたり10万ドル相当を超えるルピアによる外貨購入は欄外のような取引に限ると定められて
製造拠点としての魅力と問題点 インドネシアで生産年齢人口が増えるということは、廉価な労働力が次々と生まれることを意味します。労働集
工業団地に滞在するメリット もっとも大きなメリットは「渋滞が激しいジャカルタから逃れられる」ことでしょう。ジャカルタ市内はもとよ