製造拠点としての魅力と問題点

インドネシアで生産年齢人口が増えるということは、廉価な労働力が次々と生まれることを意味します。労働集約型の工場なら、これまで自給自足に近いような生活を送っていた人々にも新たな雇用機会を創出できるわけです。
一方、製造拠点としてみると、電力や道路の整備などインフラの不足や従業員に対する訓練要員の不足といった問題点を抱えています。これらの課題があっても、「廉価で豊富な労働力」には高い魅力を感じることでしょう。長所と短所との折り合いを付けながら拠点を運営していくことになるのではないでしょうか。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in 製造拠点・消費市場としての魅力

Related Indonesia Basic Info

世界随一の観光地 バリ・ヒンズー祈りの場所、バリ島へ ジャカルタからフライト約2時間で訪れられる、魅惑のバリ島。 「神々の棲む島」と云われる宗教と自然に
インドネシアの主な金融機関 インドネシアの金融機関は大きく分けて、民間銀行と政府系銀行の2つに分けられます。預金や利子の条件など
法人税の申告と納税方法 法人の会計期間は自由に設定できます。会計期間を課税対象期間とみなし、その終了から4カ月以内に「確定申
石油の純輸入国となったインドネシア インドネシアは「豊富な資源を持つ国」です。確認埋蔵量で見れば、2014年時点で石炭は世界10位にラン