製造拠点としての魅力と問題点

インドネシアで生産年齢人口が増えるということは、廉価な労働力が次々と生まれることを意味します。労働集約型の工場なら、これまで自給自足に近いような生活を送っていた人々にも新たな雇用機会を創出できるわけです。
一方、製造拠点としてみると、電力や道路の整備などインフラの不足や従業員に対する訓練要員の不足といった問題点を抱えています。これらの課題があっても、「廉価で豊富な労働力」には高い魅力を感じることでしょう。長所と短所との折り合いを付けながら拠点を運営していくことになるのではないでしょうか。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in 製造拠点・消費市場としての魅力

Related Indonesia Basic Info

法人税の税率 一律25%の単一税率ですが、幾つかの例外があります。 ・前年度の総売上高が48億ルピア以下の特定企
正社員の解雇・退職 正社員には雇用期間の定めがないため、労働法上の解雇事由に該当しない限りは企業が一方的に雇用関係を解消
荷物に入れられないもの、規制されているもの 引越荷物に入れられない物品、規制されている物があります。パッキングの際、該当の品目は梱包しないよう注
インドネシアでカードを申し込む 日本発行のクレジットカードはもちろんインドネシアでも使用できますが、現地に収入がある人はインドネシア