製造拠点としての魅力と問題点

インドネシアで生産年齢人口が増えるということは、廉価な労働力が次々と生まれることを意味します。労働集約型の工場なら、これまで自給自足に近いような生活を送っていた人々にも新たな雇用機会を創出できるわけです。
一方、製造拠点としてみると、電力や道路の整備などインフラの不足や従業員に対する訓練要員の不足といった問題点を抱えています。これらの課題があっても、「廉価で豊富な労働力」には高い魅力を感じることでしょう。長所と短所との折り合いを付けながら拠点を運営していくことになるのではないでしょうか。

公開された日付: 2016年07月01日
Post in 製造拠点・消費市場としての魅力

Related Indonesia Basic Info

Amazonの越境通販を利用する 日本のAmazonでは、海外向け発送を請け負っています。送料は1冊目がやや高めですが、同梱送付の場合
許可取得の手順 「一時滞在許可」「外国人就労許可」を取得する手続きは、進出形態によって異なります。 インドネシア子
ナシチャンプル インドネシアの代表料理。チャンプルとは「混ぜる」という意味。ご飯といろいろなおかずを一皿で味わうこと