世界随一の観光地 バリ・ヒンズー祈りの場所、バリ島へ

ジャカルタからフライト約2時間で訪れられる、魅惑のバリ島。
「神々の棲む島」と云われる宗教と自然に包まれる島の魅力をお伝えします。

バリ島は目的によって滞在場所を決めるのが◎。エリアごとの特長を知っておくとスケジュールをたてやすいでしょう。旅を共にする人とエリアの相性もさまざまです。多様にエリアがあるのもリピーターが多い理由のひとつかもしれません。誰と何をバリ島で体験したいのか、それだけで自ずと滞在エリアが定まるでしょう。

– クタ・レギャン:
随一の繁華街。夜遊び、サーフィンならココ。

-スミニャック:
お洒落カフェ、買い物するなら断然このエリア。

– ジンバラン:
比較的お手頃価格の地区。イカンバカールが有名。

– ヌサドゥア:
整備された安全なBTDC地区あり。子連れにおススメ。

– サヌール:
静かに過ごしたい人向け。朝日が見られるエリア。

– ウブド:
緑がいっぱい、ヨガや自然食品が多く健康志向の方に。

車チャーター

charter-car

道が狭く複雑なバリ島を効率よく観光するためには、車をチャーターするのがおススメです。
価格の目安は1日10時間程で約Rp.60〜80万(4人乗り、ガソリン代、ドライバー含む)。インターネットやクタなどの街中にある「Sewa mobil」と書かれた看板の店舗で借りられます。自分で運転したい場合は店舗で1日約Rp.30~50万で借りられます。借りる際はインドネシアの免許が必要なのでご注意ください。(国際免許は協定していません)

レンタバイク、サイクル

rental-bicycle

小道(Gg.ガン)が多いバリ島ではバイクが大活躍。価格の目安は24時間Rp.5〜7万。
クタなどの人気エリアは比較的価格が高騰気味。ヘルメット(店によっては合羽)も一緒に貸してくれます。使用後は借りた時と同じガソリンの量で返却しましょう。サヌール地区では自転車のレンタル(バイクとほぼ同価格)もあるのでのんびりとビーチサイドを自転車で走るのもおススメです。

クラクラバス

turtle-bus

日系旅行会社JTBグループが管轄するバリ島ツーリストバス。DFSを中心に観光地を網羅しています。
1日・3日・5日・7日券(Rp.15万〜45万)があり、1回券はRp.2万〜8万。
始発8:15(ジンバラン線)終発22:45(サヌール線)。

詳しくはウェブサイトにて。
WEBサイト:kura2bus.com/page/bus_lines

 

公開された日付: 2016年10月12日
Post in バリ基礎情報 , 基礎情報

Related Indonesia Basic Info

インドネシアの上水道 インドネシアの上水道の整備は依然として遅れています。2009年の資料によると都市部での上水道普及率は
コミュニケーションとトラブル メイドとのコミュニケーションはインドネシア語で行います。英語や日本語でのやりとりは期待できません。メ
インドネシアの概要 インドネシアは正式名称を「インドネシア共和国(Republic of Indonesia)」と言
BASS セキュリティ・サービス社 ―― まず、御社の事業内容について伺います。 どのようなビジネスを展開されているのでしょうか?