日本への帰国

インドネシアと日本との間には、日本航空(JAL)がジャカルタ∼成田間に毎日2便、全日空(ANA)がジャカルタ∼成田間とジャカルタ∼羽田間に毎日1便ずつ飛んでいるほか、国営ガルーダ・インドネシア航空も成田、関西(デンパサール経由)への便を就航しています。そのほか、シンガポールや香港、韓国、台湾などを経由して帰るルートも使えます。

日本の地方空港へ向かう人は、お得な日系航空会社の国内線乗り継ぎ料金が利用できるほか、上記の第三国経由で往復する方法もあるので検討してみましょう。

チェックイン荷物の重量制限

「里帰り」の際には、できるだけ多くの荷物を持って日本から戻りたい、と考える人も多いだろう。受託手荷物(チェックインバゲッジ)の制限は2016年2月現在、日本の航空会社2社はいずれもエコノミークラスについては23キロ以内を2個まで。また、ガルーダは個数に関係なく、1人当たり46キロまで。

なお、日系航空会社の荷物の大きさの許容範囲は以下の通り。【JAL】縦横高さの総計が203センチまで【ANA】
縦横高さの総計が158センチまで

公開された日付: 2016年07月19日
Post in ジャカルタからの帰国に備えて , 日本への帰国 , 帰国準備

Related Indonesia Basic Info

荷物に入れられないもの、規制されているもの 引越荷物に入れられない物品、規制されている物があります。パッキングの際、該当の品目は梱包しないよう注
ジャワ島を走る長距離列車 インドネシアの中でジャワ島にのみ長距離鉄道網が敷かれています。飛行機の旅でなく、あえて汽車
ラッシュ時の「3・イン・1」規制 ジャカルタでは、朝夕のラッシュ時に少しでも車を減らそうと3 人未満(運転手含む)しか乗っていな
ジャカルタ市内の両替所  ルピアは日本円や米ドルなどと違い世界の基軸通貨ではないため、国外で現地通貨との両替の原資として使う