バリ島日本人観光客 徐々に復活

バリ観光当局は、今年1月からの半年間で1,492,971人の外国人観光客を島内に迎えたと発表した。この数値は前年比9%増となる。同局はこの伸びには日本人観光客数の回復が大きく寄与していると述べている。 2010年の日本航空(JAL)名古屋・バリ間直行便の廃止や、2011年の震災、世界的な金融危機の影響なども手伝いバリへの日本人訪問者数はここ数年低迷していた。以前はバリ島を訪れる外国人数で第1位を誇っていた日本だが、現在はオーストラリア・中国に続いて第3の位置に着けている。2009年に9.9%減少した日本人観光客は、2010年には前年比22.8%減と大きく下落し246,265人となり、続く2011年も25.6%減の183,284人となった。去年4月に羽田との直行便が新設されたことも手伝い、徐々に回復を見せる日本市場を追い風に、バリでは今年310万人の外国観光客誘致を目標としている。


公開された日付: 2015年07月23日
post in インドネシアの経済/企業ニュース インドネシアの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

2018年アジア競技大会に向け 記念切手を販売へ 54ヵ国が出場予定の2018年アジア競技大会の開催都市は、ジャカルタとパレンバン。これを受け、南スマトラ郵便株式会社は記念切手の販売を予定している。切手を販売す
ブタウィの装飾付き街灯 高架バス専用道路に設置 ジャカルタ特別州政府は、バンテン州タンゲラン市のチルドゥックから南ジャカルタのテンデアンまでを結ぶ高架バス専用道路に、ジャカルタの土着民であるブタウィ族にまつわ
児童書を回収、「性的内容」にインターネットで批判 中部ジャワ州スラカルタのティガ・スランカイ社傘下のティガ・アナンダ出版はこのほど、自社で出版した児童書について、「ポルノグラフィ的な内容が含まれる」との苦情を受
イスティクラルが建設から39年目に 中央ジャカルタにある東南アジア最大のモスクであるイスティクラルが、今年で建設から39年目を迎えた。同モスクは初代大統領で建築家でもあったスカルノ大統領が現在の場
ボゴール植物園が開園200周年 西ジャワ州ボゴール市のボゴール植物園が、今年5月18日に開園から200周年を迎える。同園では現在、盛大な記念式典の開催に向けた準備が着々と進められている。 記
首都圏の交通機関専用アプリが登場 ジャカルタ特別州とその近郊を走る公共交通機関のリアルタイムの運行状況や時刻表、さらには各社のさまざまなサービスをスマートフォンで手軽に確認できるアプリがまもなく
ジャカルタ特別州 未納の税徴収を強化 ジャカルタ特別州は汚職撲滅委員会(KPK)とアジア開発銀行(ADB)の協力を得て、州税の未納者に対する税徴収を強化する。ジャロット・サイフル・ヒダヤット州副知事
赤ワケギの価格高騰 農業研究所が政府へ警告要請 ボゴール農業研究所(IPB)の農業アナリストであるデウィ・アンドレアス氏は、赤ワケギの価格高騰が続いていることに関して政府に警戒を強めるよう要請したと、2月17

インドネシアニュースタグ

Google IS JICA JIS KAI LGBT アニメ イベント インターネット インバウンド インフラ エネルギー オーストラリア ジャカルタ スポーツ ソロ ダイハツ デング熱 データセンター ドローン バンコク ファッション ボロブドゥール ポップカルチャー メダン 三菱商事 事件 人口 企業買収 判決 商社 弁護士 技術協力研修 新店オープン 旅行 株式取得 法律 煙害 特許庁 経営権取得 自動車 記念日 講演会 開発計画 香港