無料法律相談会のお知らせ 日本国大使館

在インドネシア日本国大使館では、毎月1回、インドネシア法務に詳しい日本人弁護士による労働法,投資法,会社法,各種規制法等の会社回りの法律問題に関する無料法律相談を実施する。次回開催詳細は以下。 日時:1/19(木) 9:00~16:00 場所:在インドネシア日本国大使館 予約申込締切:1/17(火) 日系企業相談窓口:[email protected](荒木、味村)
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

ニュージーランド イのパイロット養成を支援へ

ニュージーランド政府はインドネシアのパイロットの養成を支援する。ニュージーランドのジョン・キー首相のインドネシア訪問に合わせて、両国はパイロット養成での協力協定を結んだ。19日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 今回、ニュージーランドのアードモア・フライング・スクールとバタム島のフライベスト・フライト・アカデミーは、フライトトレーニングに関する覚書(MOU)を結んだ。アードモア・フライング・スクールのマイク・ニューマン最高経営責任者(CEO)は、「ニュージーランドは今後、パイ
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

「関空旅博2016」で民族舞踊紹介

インドネシア観光省は、関西国際空港で4日と5日に開催された毎年恒例の「関空旅博2015」に参加出展した。インドネシアの観光情報などを紹介する専用ブースを会場に設けたほか、イベントステージでは4日に「ワンダフル・インドネシア・ステージ・パフォーマンス」として迫力あるインドネシア・アチェ地方のダンサーを本国から招いて、伝統舞踊「サマンダンス」を披露した。 また同時に5日に関西空港会議場(ホテル日航関西空港)で開催された「海外旅行セミナー会場」では、人気のバリ島をはじめインドネシア各地で体験できる多
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

北ジャカルタで洪水

19日23時頃、北ジャカルタのパサール・イカン水門の近隣で洪水が発生した。ジャカルタ特別州のジャカルタ特別州防災局は、水門の水位が215センチに達し、警戒レベルが4段階の中で2番目に高いシアガ2まで上がったことを発表した。同地点での水位は、同日18時頃には196センチであったが、その後急増し、19時には2メートルに達していた模様である。このため、近隣数千戸の住宅が浸水被害にあった。20日には水位は下がったものの、洪水の後に強盗が増えることが多いことから、防災局は市民に注意喚起している。
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

西カリマンタンで違法酒の一斉検挙

西カリマンタン州の警察は同州で伝統的に作られている密造酒の違法な製造と販売を食い止めるため、パトロールの強化を始めた。18日付けの英字紙ジャカルタポストが報じた。6月の第2週までに警察はアルコール飲料に関わる事件42件を立件し、43人の容疑者の氏名を明らかにした。一連の捜査の中で警察は地元では「アラック」と呼ばれている密造酒を1290リットルも押収した。警察は事件の容疑者の数と違法行為の内容については州内の各地域から報告されたレポートに基づいたものだと説明している。また、違法酒の製造や販売に関わ
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

復活を信じ、遺体を掘り出す

中央ジャワのトゥマングン警察は、ボジョネゴロ村に住む男(40)が仲間4人と亡くなった男の母親(当時70)の墓を掘り返していた事件に関して、行為の背景にある別の動機を明らかにしようとしている。男たちは死後も復活を信じ母親の遺体を約1ヵ月間自宅の部屋に置いていた。警察の情報によると、毎週火曜日と金曜日に男の自宅で、ある特定の宗教の会合のようなものが開かれていたと言う。男が何を信仰しているかまだ分かっていないが近々この男と友人4人を専門家の精神鑑定にかけるという。しかし今回の行為に関しては憲法180条
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

北ジャカルタで葬儀場の建物が崩落 1人死亡

北ジャカルタのプンジャリガン通りに面する葬儀場で18日午前10時半頃、改装工事中に5階建ての建物が崩落し、作業員1人が死亡、7人が怪我をする事故があった。20日付け英字紙ジャカルタポストが報じた。目撃者によると現場監督が安全確認を行わないまま建物の一部を切断するよう作業員に指示したとのことで、その後、建物が突然崩壊した。5人がなんとか自力で外に脱出したものの、軽い怪我を負った。また、建物の中にナナさんとデデンさんの2人が約9時間閉じ込められた。ナナさんはその後がれきの中から遺体で見つかった。一方
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

赤ちゃんがゴミ袋の中で発見される マナド

マナドのシンドゥラン・サトゥで、赤ちゃんが生きたままゴミ袋の中に入れられ、捨てられていたことが判明した。第一発見者は、ごみ回収業に就いているロイス・アブドゥラさん(23)。ロイスさんは勤務中、黒いプラスチック製のゴミ袋の中で何かが動いていることに気づいた。当初はネズミか何かだろうと思っていたが、気になって開けたところ、人間の赤ちゃんが入っていたので驚愕したという。赤ちゃんは、裸の状態で、へその緒がついていたことから生後間もないと思われる。「ゴミ袋を開けたら人間の赤ちゃんが入っていたのでとてもびっ
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

新ターミナル 正式開業はレバラン後に

バンテン州タンゲランのスカルノハッタ国際空港で、新規開業予定のターミナル3”アルティメット”の運用開始が工事の不具合などにより遅れることとなった。空港運営アンカサプラIIは当初6月20日に運用開始を予定していたが、運輸省による検査の結果安全基準を満たしていないとして先送りとなった。不具合があったのは例えば自家発電装置で、停電時に作動しないことが分かった。また、各種の表示やエアコンにも不具合があることも分かった。14日に視察に訪れたイグナシウス・ジョナン運輸相は管制塔からの視界が部分的に他の建物に
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

警察官がわいせつ容疑 バリ

クルンクン警察の警察官が17歳の少女にわいせつ行為をした疑いがあるとしてバリ警察に身柄を拘束されている。今月17日にバリ警察広報部長兼長官のヘリーウィヤント氏がデンパサールで会見した。犯罪捜査官の調査結果に基づいて、バリ警察は容疑者であるこの警察官が事件に関与している事を証明する十分な証拠があるとしている。被害者とその家族、そして容疑者と交際のあった地元有力者の証言を求めた結果、すべての証言から容疑者がわいせつ行為を行ったとみて間違いないと言う。この警察官は調査の為にバリ警察に拘置されており、す
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,